税理士法人創経スタッフブログ
 

『教育資金贈与信託』 『ISA口座』 受付開始 ~金融機関~

カテゴリー:相続・不動産, 税制改正 2013.04.03

「教育資金贈与信託」「ISA口座」受付開始

 平成25年度税制改正法案の成立(参考ブログ 教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置)を受けて、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行、りそな銀行は、4月1日より新サービス「教育資金贈与信託」の取り扱いを開始しました。みずほ信託銀行は、やや遅れて取り扱いを開始するようです。各行それぞれ管理手数料は無料で、元本保証なのは共通していますが、利用者としては、各行がどのような特色を出しているのか気になるところです。

  たとえば、三菱東京UFJ信託銀行は最低受託金額が10万円なのに対し、三井住友信託銀行とりそな銀行は5,000と設定することで利用者のハードルを大きく下げています。しかし、三菱東京UFJ信託銀行は、学費等の支払い前に引き出す「前払い」方式にも対応しています。

 この制度自体が平成2541日から平成271231日までという期限付きであり、平成27年には相続税の増税を控え、さらに遺言信託などは通常管理手数料が必要なのに対して「教育資金贈与信託」は無料であることは、制度の利用においてかなりの追い風になります。今後、学費等の範囲がどの程度なのかについては注意して見ておく必要があります。

 また、金融・証券税制の改正(参考ブログ 金融・証券税制)に伴い、ISA口座(非課税口座)の受付についても、SBI証券や楽天証券などの証券会社はスタートを切っています。こちらについても来年以降の20%本則税率を控えていることなどから、各社対応せざるを得ないでしょう。

 <参考 教育資金贈与信託>

三井住友銀行

三菱UFJ銀行 【PDF】

りそな銀行 【PDF】

 

<参考 ISA口座>

SBI証券

楽天証券 【PDF】