税理士法人創経スタッフブログ
 

NO89 帳簿の重要性

カテゴリー:代表ブログ 2019.10.27

ジェイコブ・ソール著「帳簿の世界史」に次の一文があります。中世ヨーロッパにおいて発明された複式簿記は、当時からカネの管理と経営に役立たせていました。これは今も変わりありません。そして、帳簿があらゆる法的な根拠文書になることも、今と変わりありません。
───────
富はコジモの力の源泉である。彼は金儲けがうまかったが、その多くは金の管理がうまかったことに起因する。コジモは当時としては最高水準の人文主義的教育を受けただけでなく、メディチ銀行のローマ支店で金融と会計の実務も経験していた。ローマ支店は教皇の勘定を扱っており、そこで彼はビジネスのあらゆる面に精通したのである。すでに当時は複式簿記は必須であり、たとえば多くのギルドも複式簿記を義務づけていた。金銭をめぐる紛争が発生した場合には、複式簿記による元帳は法的文書として法廷に提出される。フィレンツェの裁判官は裁定を下すに当たって元帳を徹底的に調べ上げたものである。だから、杜撰な帳簿は敗訴につながりかねなかった。(P71)