税理士法人創経スタッフブログ
 

NO86 自己満足からの脱却

カテゴリー:代表ブログ 2019.08.30

サービス業においては、お客様に満足いただくために、ありとあらゆるサービスを提供しようと試みますと、途中からお客様の満足のためではなく、自己満足の世界に入ってしまうことがあります。九州鉄道の会長唐池恒二氏は著作「感動経営」の中で次のように述べています。私たちの業界でも気を付けるべきことだと思います。
———————-
接客をはじめとしたサービスは、クリエイティブの仕事とよく似たところがある。コストと手間をかけようと思えば、いくらでもかけられる。しかし、ユーザーや視聴者や読者、つまりお客様の心に届かなければ、その手間とコストはサービスの受け手ではなく、提供する側の自己満足のために費やされたことになる。