税理士法人創経スタッフブログ
 

NO81 常識の定義

カテゴリー:代表ブログ 2019.06.04

新一万円札で話題になった渋沢栄一の本としては、「論語と算盤」が有名です。改めて、読んでみたのですが(守屋淳訳)、その中で「常識」についての定義を試みた文章があります。
———-
「智、情、意(知恵、情愛、意志)」の3つがそれぞれバランスを保って、均等に正当したものが完全な常識であろうと考える。P65
———-
情が欠ければ智の力を悪用する場合がある。
意がないと情に流される。
智がなく意に従うのみでは単なる頑固者だ。
常識がない人というのは、これらのバランスが保てない人であり、1つ2つ突出しているのは、むしろ害があるという教えです。