事業承継支援

 
医院開業支援
医療法人設立支援
介護事業支援
事業承継支援
医院の将来を私たちと考えてみませんか?

どんな医院にも将来を決断しなければならない時期がやってきます。廃業せずに事業を承継するには、誰に、いつ、どのような方法で事業承継を行うかを考える必要があります。“創経医療事業部”は、“創経資産税部”と連携し、承継計画の立案と事前対策の実行をサポートします。

親族内の承継

親族内の承継は、後継者が事前に決まっている場合が多いため、早期の対策がしやすい方法です。

個人開業医の場合
  • いつ「事業主:子・従業者:親」に切り替えるべきか?
  • 生前承継と相続承継のどちらが有利なのか?
  • 親子の所得の種類に応じた所得税への影響は?
  • 届出・申請や税務上・労務上の手続きは?
医療法人の場合
  • いつ理事長を親から子へ切り替えるべきか?
  • 退職金をもらうのは、生前と死亡時のどちらが有利なのか?
  • 出資持分はどのように管理すればいいのか?
  • 個人と法人で手続はどのように異なるのか?

“創経医療事業部”は、こうしたご相談に対して親身に対応いたします。相続が開始してから行える対策は限られているため、できるだけお早めにご相談ください。

第三者への承継(売却)

現院長からご子息等へ承継できない事情がある場合は、友人・後輩やその他の第三者に事業を承継してもらう(売却する)可能性を探ることになります。

  • 不動産などを含めた事業全体をいくらで売却できるか?
  • 信頼できる事業の買い手を見つけるには?
  • 売買交渉中の業績悪化や人材流出を防ぐには?
  • 売買後の医療法人における自らの処遇をどうするべきか?

“創経医療事業部”は提携機関と協力し、「買い手探しから承継後の事業が軌道に乗るまで」の承継プロセス全体をサポートいたします。あらかじめ第三者への承継が選択肢にある場合はもちろんのこと、突然承継の場面に遭遇した場合にも素早く対応させていただきます。

お問い合せはコチラ