医療法人設立支援

 
医院開業支援
医療法人設立支援
介護事業支援
事業継承支援
まずは医院開業シュミレーションをお申込み下さい。

開業から一定の規模に発展した「個人診療所」には、“創経医療事業部”は次のステップとして「基金拠出型医療法人」の設立支援を行っています。

医療法改正への対応

平成19年4月に医療法が改正され、出資持分のある医療法人が設立できなくなり、新しく「基金拠出型医療法人」が設立できるようになりました。

  • 解散時に残った財産を回収できるのか?
  • 承継時の税負担はどう変わったのか?
  • 消費税の課税関係において有利になったのか?
  • 法人化自体のメリットは果たしてなくなったのか?

“創経医療事業部”では、改正に素早く対応しているため、上記のような疑問にもご回答できる体制を整えております。

法人設立シミュレーション作成

法人設立には様々な観点からのメリット・デメリットが存在するため、事前の十分な検討が必要になります。

  • 税率低下による恩恵を受けられるか?
  • 給与所得控除を十分に活用できるか?
  • 事業を親族や第三者へ承継する予定があるか?
  • 介護保険事業・分院開設などの事業展開を視野に入れているか?

“創経医療事業部”はこういった項目を法人設立シミュレーションをもとに有利不利を判定します。その上でお客様が取るべき最適な選択肢をご提案いたします。

医療法人特有の税務

医療法人の税務は個人開業医と比べてはるかに複雑なため、未経験の税理士にとって対応が難しい分野になります。

  • 医療法人の役員給与の適正金額は?
  • 一般法人とは異なる申告時の提出書類は?
  • 医療法人の承継を見据えた事業計画は?
  • 介護保険事業や分院開設を行った場合の対応は?

“創経医療事業部”は、積み重ねてきた実績を強みとして、こうしたニーズを満たす準備ができています。

お問い合せはコチラ